あるべきようは

今、「ありのままの〜」を、よく耳にします。

そこで前回の話しの続き

明恵は、鎌倉時代の僧侶ですが

明恵は「あるべきようは」と言っています。

「あるがままに」でもなく、「あるべきように」でもない。

「あるべきようは何か」と問いかけ、その答えを生きようとするものであると。

これもまた如何に。

Featured Posts
Recent Posts

京都でヨーガ・バランスヨーガ

京都でヨーガ・バランスヨーガ

Search By Tags
Follow Us

© 2023 by Name of Template. Proudly created with Wix.com

AMA PRODUCE created this website.