二十四節気 小寒の養生


小寒を過ぎると寒さが次第に厳しくなります。

「寒の入り」といい、立春までの一カ月が寒の内です。

新年の心意気を忘れず、貫いていきましょう。

この時期は腎臓の冷え、脾臓の冷えに注意しましょう。

煩わしいことは考えず、音楽を聞いたり楽しい気持ちでお過ごしください!

Featured Posts