スーパームーン

川床 スーパームーン
梅雨が明けないままの京都に、祇園祭りの響きが。 そんな中、梅雨の合間の晴れを願って川床で、みなさんと。 その日の満月は、月が地球に最も近い満月という<スーパームーン>だったとか。

曇って隠れたり、またまた顔を見せたり、その光に魅せられた夜。 心地よい風も吹き、何ヶ月も前から願っていたその日は気持ちが通じたようだ。

全てを照らし、心身洗い流してくれたような・・・満月に感謝。

Featured Posts