二十四節気 立夏の養生


新緑が眩しくなってきました。

カエル、ミミズ、虫たちも動き始める、夏の日のはじまりですね。

最も紫外線の強い季節になります。

身体が夏にまだなりきれません、強い光には注意しましょう。 心臓の働きが活発になり、動悸が起きやすくなりますのでご注意を。 丹田に力を入れて思い切り息を吐くように、意識してしっかり呼吸をしてみてください。 この時期は、栄養価の高い食生活を心がけましょう。

Featured Posts