二十四節気 春分の養生


春分の日を境に昼夜はほぼ同じ長さになり、彼岸の中日と一致します。

人体の陰陽のバランスを保つことは養生の重要な法則の一つ。

身体の陽の気もゼロからプラスに変わっていきます。

同時に春は怒りの感情が強くなってきます。

しかしすべての物事が始まる春ですから、怒るほどのパワーが出てくるのも自然なことです。

甘いものを摂ることで感情をコントロールし、心も筋も怒りも和らげましょう。

Featured Posts