二十四節気の養生 夏至から小暑へ


小夏_edited.JPG

例年ならむし暑い日が続くはずの今頃、今年は長雨もありまだ夏日は少ないですね。

小暑に入ると暑さも増し、イライラして落ち着かなかったり、疲れて力も入らなくなります。

この時期、心臓に気をつけながら何事にも過激にならないよう気をつけましょう。

夏季の養生のポイントは「心静」。

美しい花々を愛でながらお散歩というのもオススメです。

そして身体をほぐすには最適の時期。

筋肉をほぐすと心も解放します。

リラックスさせ心身ともにデトックスしましょう。

食の養生は貧血に注意し、ウナギ、肉、魚、クコの実、ナツメ、ひじき等で補血しましょう。

「人生はラッキーの連続」と思って、日々楽しくお過ごしくださいませ。

ストレスを溜めずに、体も元気になりますよ。

Featured Posts