十六夜の月

仲秋の月と虫の声。

空が高くなり、一段と月の明かりが諸々を照らしている。

今鳴いている虫は昔もここで鳴いていたのだろうか。

昔も自分がここに居て、今と同じように虫の声を聴いていたような光景が頭を過る。

たぶん昔も今も未来もここに居て、虫の声を聴きながら月を見ているような気がする。

月も変わりなく輝き、虫も変わりなく鳴いている。

そしていつまでも変わらない地球であってほしい・・・

Featured Posts
Recent Posts

京都でヨーガ・バランスヨーガ

京都でヨーガ・バランスヨーガ

Search By Tags
Follow Us

© 2023 by Name of Template. Proudly created with Wix.com

AMA PRODUCE created this website.