大暑の養生

728_edited.jpg
一年中で最も暑い節気。 あたまがぼうっとし、息苦しく、注意が集中せず、手足のマヒ、ノドの渇き、吐き気の症状が現れたら暑気あたりの前兆。薄い塩分を含んだ白湯、梅入りスープが良いでしょう。

「冬にかかった病気は夏に治す」という言葉があり、慢性気管支炎、肺気腫、ぜんそく、リュウマチなど、もっとも良い治療のタイミングです。

冷めた白湯を飲み過ごしてみては如何でしょうか?

Featured Posts